手続きの流れ
STAGE 1 :
運転免許証の翻訳
STAGE 2 :
運転免許試験場での手続き
STAGE 3 :
この合格マニュアルを見て
合格方法を学ぶ
STAGE 4 :
技能試験を受験する
詳細
STAGE 1 :
運転免許証の翻訳
お持ちの海外の運転免許証の日本語翻訳を取得します。JAF又は、大使館などで発行してもらいます。
STAGE 2 :
運転免許試験場での手続き
1:目の検査等
2:必要書類を提出
3:簡単な交通ルールの確認テスト
4:技能試験の予約(試験日は後日)

必要書類など
★有効な外国等の運転免許証
★STAGE1で取得した外国免許証の翻訳
★日本の運転免許証 (お持ちの場合)
★本籍地記載の住民票
★パスポート
★写真(縦3cm×横2.4cm)
★眼鏡
★費用 4,250円 (普通車の場合)
※その他必要になる書類がある場合がございますので、必ず事前に試験場にお問い合わせの上、申請に行きましょう。

《 実際にあった、外国免許切換が出来なかった例 》 事例1:免許の有効期限が切れていた場合。
事例2:免許を取得してから、その国に通算で3ヶ月以上滞在していなかった。
事例3:免許証とパスポートなどの名前のスペルが違っていた (スペルミス)。
事例4:免許を最初に取得した日付が免許証に記載されていなかった。
この場合は現地の発行元より、それを証明する書類(ドライバーズレコード等)が必要となります。

下記の国は、交通ルールの確認テストと技能試験が免除されます。
アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国のメリーランド州、イギリス、イタリア、オーストリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、 ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ルクセンブルク、スロベニア、モナコ、台湾など
STAGE 3 :
この合格マニュアルを見て
合格方法を学ぶ
何回も、合格ポイントのイメージトレーニングを行ってください。
STAGE 4 :
技能試験を受験する
試験場で用意された試験車で、試験場のコース内を運転します。
試験官が助手席に同乗し採点します。
実際の運転時間は約10~15分程度です。
試験合格なら、当日に免許証が発行されます。不合格の場合は、次回の技能試験の予約をされて、後日、再試験を受けましょう。
<< BACK